TOP > 年代ごとの結婚指輪の購入金額

年代ごとの結婚指輪の購入金額

年齢によって、結婚指輪の平均購入金額が変わります。

一般的には、年齢が高くなるほどお金に余裕が出てくるので、購入金額も高くなる傾向にあります。
結婚適齢期は年々高くなっていますが、だいたい35歳までに結婚するのが一般的です。
24歳以下では、19万円、15~29歳では24万円、30~34歳では25万円、35歳以上では24万円、という結果が出ています。

名古屋の結婚指輪について知りたいならこちらです。

35歳以上で若干金額が低くなるのは、結婚指輪にお金をかけるような年齢ではないと感じる人が多いからのようです。それよりも生活費を重視するという大人の考えに移行してくるようです。


全国の結婚指輪の購入金額の平均が24万円で、1つあたり12万円と言われています。


このことから考えても、25歳以上では年齢によってそれほど差がないことがわかります。

24歳以下ではまだお金に余裕がないので、費用を抑える傾向にあります。
素材で一番選ばれるのはプラチナです。プラチナは23万円くらいで、プラチナとゴールドのコンビにすると31万円くらいになります。



コンビはプラチナとゴールドの合金にするのではなく、2つの金属を別々にあしらうので手間がかかります。

そのため、若干金額が高くなります。購入金額を抑えたいという場合には、高品質でも1つ5万円、ペアリングで10万円で買えるものもあります。



安価ではありますが、リーズナブルで豊富なラインナップが揃っているブランドもあるので、探してみると良いでしょう。


Copyright (C) 2016 存在感のある結婚指輪を作りたいなら幅広デザイン All Rights Reserved.