浄水器をお勧めする理由

浄水器の価格と性能の違い

浄水器にはさまざまな種類ものが発売されており、選択肢も豊富です。

蛇口取付型や据え置き型、ビルトイン型などの形式の違いから価格も数千円で購入できるものから十数万円、はてには100万円を超えるようなものまで存在しています。値段が高いほど性能が良いというイメージがありますが、実際のところは一定の値段を超えればそれほど大きな差はありません。どちらかといえば一度に高度に浄水できる量の差に影響します。

また基本的に浄水する元の水の水質によっても左右されます。浄水器の仕組みそのものは簡単でフィルターによって不純物を取り除くといったものです。フィルターに使われるのは活性炭であったり、またRO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使ったものです。フィルターの層が厚いほど高度な浄水が可能ですが、RO膜のようなものではミネラル分まで取り除かれてしまいます。一方で水の美味しさは水源地によって変わってきますから、もともと美味しくない水であれば価格が高く高性能な浄水器を使っても美味しくはなりません。ただ、不純物が取り除かれるのでより安全な飲料水は手に入れることができます。

価格の差は基本的には浄水能力であるフィルターの仕組みなどに影響されますが、フィルターは定期的に交換することがその浄水能力を維持するためには必要なものですから、購入時の段階の価格よりも浄水器の性能を維持するためのランニングコストの価格も考慮しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *