浄水器をお勧めする理由

浄水器の価格は高いほど良い?

浄水器はフィルターなどを使って不純物を取り除くための装置です。

基本的に浄水をするという共通の目標がありますが、さまざまな形のもの価格のものが販売されています。形としてはポットタイプのものでポットに入れる段階で浄水するものや、蛇口に取り付けるタイプ、据え置きタイプやビルトインタイプなどがあります。

価格はさまざまですが、ポットタイプは仕組みが単純で取り付ける費用も発生しないため価格としては安価で数千円程度で手に入れることができます。蛇口取り付けタイプは水道水をダイレクトに浄水してくれる浄水器ですが、蛇口に取り付けるのでフィルターのサイズが限定されます。据え置きやビルトインは大きいので浄水能力に優れますが大型で取り付ける費用も必要で価格も高めです。物は価格が高いほど良いというイメージがありますが、浄水器の場合には若干ことなります。基本的に浄水器はフィルターを使って不純物を取り除くものですから、フィルターの性能が浄水能力に影響します。

フィルターはどのようなものでも定期的に交換する必要があり、大型のものであればそれだけ大きなフィルターとなるので交換するタイミングが長くなりますが、フィルターも値段が高くなります。また電気的作用によって電解水を作るといったものは構造的に高価なものになりますが、浄水能力はやはりフィルターに依存するため必ずしも浄水機能が向上するものではありません。このため値段よりもフィルターの浄水能力などが選ぶポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *