浄水器をお勧めする理由

浄水器の種類と価格

日本国内の給水事情は諸外国と比較して、安全で安い価格でおいしい水が蛇口から出てくるという大変恵まれた環境です。

それにも関わらず国内の浄水器の市場が伸びているのは、現状の上水道に満足できないでいる人が存在するという証拠です。満足できない理由は、わずかではありますが匂いがすると感じたり、報道されることもあった有害物質の混入事例などです。上水道管から供給される水道水がいくらきれいであっても、集合住宅の受水槽や高架水槽や加圧給水ポンプ、屋内配管の整備不良によって水質の劣化が生じることもあります。

集合住宅でなくて個別住宅であっても、給水管が内面ライニング鋼管でないと、内面の金属部分が腐食して赤水の原因になります。屋内給水配管がリフォーム時の経路変更によって行き止まり配管になると、水が溜まったままとなり悪臭や水質悪化の原因になります。浄水器には蛇口直結型と据え置き型があります。

蛇口直結型は、水栓に直接取り付けるので小型であり、価格もそれほど高くはありません。水道のカルキ臭を取り除く効果はありますが、不純物を完全に除去できるわけではありません。据え置き型はシンク内に浄水部を収納しているので、流し台まわりがすっきりします。本格的なフィルターで浄化するため、不純物除去機能に優れています。価格は直結型よりも高くなります。どちらの方式の浄水器も、定期的なフィルターの交換が必要です。交換を怠っていると十分な浄化機能が得られません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *