浄水器をお勧めする理由

浄水器を導入する上で必要となる一般的な価格

水道水は暮らしの中でも飲用水として用いられることも多いですが、塩素やさびなどの不純物が混じるケースもあり、健康にも影響を与える懸念もあります。

そこで浄水器を取り付けることで、飲用水に含まれる不純物を取り除き安心・安全に水道水を飲むことができるようになります。なお浄水器の仕組みは、家庭に届けらえる水を活性炭・膜・繊維などの素材に通過させ、ろ過を行うタイプが主流になります。タイプも蛇口取り付け型やピッチャー型などに分かれ、他にも整水器でも浄水機能を持っている製品も存在します。

浄水器の価格は、こうした型式と何の素材を用いてろ過を行うかによっても違ってきます。一般的に価格が安くオーソドックスに使用される浄水器のタイプは、蛇口取付型で蛇口の水が出る部分にその機器を取り付けるパターンになります。機器の本体だけを見れば、3、000円~10、000円までの範囲に収まり、家庭でも導入しやすい手頃な価格帯が多いです。ただカートリッジを定期的に交換する必要もあるため、その分のコストがかかるケースもあります。

またシンクの横などに設置する据え付きタイプは、整水器で浄水機能を持っていながら、電気による分解でアルカリイオン水や酸性水を作ることができます。本格的な飲用水を生成する機能も付加されているため割高で、20、000~30、000円前後の価格帯になることも多いです。同じ据え置く形で使うピッチャー型は、割安のタイプで3、000~5、000円までの価格帯に収まる傾向があります。もちろんメーカーによっても、浄水器の相場は違ってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *