浄水器をお勧めする理由

浄水器の方式比較と価格について

浄水器は大きく分けて、据え置き型と蛇口直結型の二種類があります。

据え置き型は流しの内部に本体が収まるので、流し台周辺に余分なものがなくてすっきりします。浄水設備があることに気が付かない人もいるかもしれません。フィルターの種類は製品によって異なりますが一般的に除去能力の高いフィルターが搭載されているので、浄水器を通った水は匂いも少なくて不純物もかなり除去されます。

能力が高くて本体も大型なので、価格は直結型と比較すると高額になります。蛇口直結型は、流し上部の既存の水栓に取り付ける小型の製品で、フィルターの精度にもよりますが一般的に不純物を完全除去まではできません。その分価格は安くなっています。共通して言えることは、定期的なフィルターの交換が必須であり、交換せずに使用していると不純物が蓄積したフィルターを常時通して水を使うので、浄水器を導入した意味がなくなってしまいます。

諸外国と比べて日本では安い価格でおいしい水を使うことができますが、浄水器の売り上げが伸びているのは、水道に満足できない人が多くいるということであり、匂いを敏感に感じたり、有害物質の混入事例などの報道によって危機感を募らせている人がいる現実があります。個人住宅でなく集合住宅では、受水槽や加圧給水ポンプ設備を共有しているので、個人で交換するわけにはいきませんので浄水器を使うことになります。導入にあたっては、性能と価格と得られるメリットを総合的に考えることが必要です。
浄水器の価格のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *