浄水器をお勧めする理由

家庭用の浄水器を比較

家庭で浄水器を導入するのが当たり前になっています。

日本の水は他の諸外国とは比べ物にならないくらい安全だと言われていますが、それでも水をきれいにするために塩素が大量に使われています。近年この塩素が体に残り発ガン性物質を生成することがわかってきました。塩素は独特の臭いがして、美味しさという味覚観点からも好ましくありません。自分の身は自分で守りおいしい水を飲むためにも浄水器は大切なのです。一口に浄水器といっても、蛇口に直接つけられる蛇口取り付け型、シンクに置く据え置き型、流しの下に置くアンダーシンク型があります。

値段を比較してみると蛇口直結型が安くお手軽ですが、機能的に優れているのは、後者の二点です。ですが据え置き型とアンダーシンク型は蛇口型と比較すると初期費用が高くなるのも特徴です。また家の流しにてきようしないものもあるので注意が必要です。フィルターもそれぞれ得意分野があります活性炭を使ったもの、活性炭で塩素などを吸着し不純物を取り除きます。

ですがカビが生える恐れがあるので頻繁に交換が必要です。逆浸透膜を使ったもの水分子だけを通します。放射能も取り除けるのが特徴です。精密ろ過膜、塩素殺菌に強い微生物クリプトスポリジウムにも有効です。中空糸を使ったフィルターは濁り、鉄、錆び大腸菌を取り除くことができます。このようにたくさんの種類があるので目的に会わせて購入するときに比較してみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *