浄水器をお勧めする理由

浄水器の普及率ランキング

浄水器は、安心で安全な水をつくるための必需品です。

また、不純物を除去すれば、それだけ美味しい水になるわけです。浄水器の種類には色いろなタイプがあり、用途や目的によって使い分けることができます。現在、普及率ランキングの一位は蛇口直結型で、水道の蛇口に簡単に取り付けられます。価格も数千円と手頃ですが、カートリッジの容量が小さいので、2~4ヶ月くらいで交換する必要があります。カートリッジにも色いろなタイプがあり、通常の除去能力から高性能型まであります。

普及率ランキングの2位は据え置き型で、浄水器本体をシンクの横や下の収納スペースに設置します。水道蛇口と浄水器をホースでつなぐので、設置にはスキルを要します。一般的に蛇口直結型よりも浄水能力が高く、浄水量も大きくなっています。カートリッジ交換は1~2年に1度で済みますが、本体価格は数万円と高めです。据え置き型の中には、アルカリイオン水や軟水を生成できるものもあり、レストランや飲食店などで使われることが多くなっています。普及率ランキング3位は、ポット型又はピッチャー型と称されるタイプで、ボットの中に水道水を注いで使います。

中にカートリッジが組み込まれていますが、浄水能力が小さい上に時間がかかります。それでも、持ち運びが可能なので、キャンプやアウトドアなどで重宝されています。また、インテリアとしてカラーやデザインが選べるので、食卓のテーブルに置いても違和感がありません。ところで、浄水器の心臓部はカートリッジにあり、中にはフィルターが組み込まれています。そして、フィルターの種類や構造によって性能が大きく変わってくるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *